http://www.tobari-kaikei.com/cgi-bin/login.cgi 更新君
        

 相続税法

           第1章 総説

           第1節 相続税のあらまし

 1 相続とは

  >>>  def 相続():
        print("""相続とは被相続人の死亡により、相続人が被相続人 
             の財産を承継して取得する
                                こと""")

 
 >>> 相続()      関数相続を呼び出す

 相続とは被相続人の死亡により、相続人が被相続人の財産を承継して取  
 得する
        こと

 2相続財産とは

 >>> 相続財産=["本来の相続財産:民法上の相続財産","みなし相続財 
           産:相続税法上の相続財産"]
 >>> 相続財産    関数相続財産を呼び出す
 ['本来の相続財産:民法上の相続財産', 'みなし相続財産:相続税法上の 
 相続財産']

 >>> 民法上の相続財産=["不動産","金融資産","動産","債務"]
 >>> 民法上の相続財産
 ['不動産', '金融資産', '動産', '債務']

 >>> みなし相続財産=["死亡保険金","死亡退職金","被相続人負担保険  
    契約金(契約者、被保険者被相続人以外の場合"]
 >>> みなし相続財産
 ['死亡保険金', '死亡退職金', '被相続人負担保険契約金(契約者、被保険  
 者被相続人以外の場合']

  3 相続できる人

 >>> 相続できる人=["民法上の相続人","遺言書で指定された人"]
 >>> 相続できる人
 ['民法上の相続人', '遺言書で指定された人']
>>>

 

 

  (1)相続税概説リストを作成

 def 相続税概説リスト():
    相続税概説=["相続税","遺贈","死因贈与","相続税の役割","相続税の課税方式" ]
    print(相続税概説)

 >>> 相続税概説リスト()

['相続税', '遺贈', '死因贈与', '相続税の役割', '相続税の課税方式']

 (2)相続税概説クラスを作成

  class 相続税概説:
      def 相続税():
          a="""相続とは、自然人の財産など権利義務を他の自然人が包括的に承継すること一般的には自然人の死亡を原因とする。 """
         print(a)
     def 遺贈():
         a="""遺贈とは遺言により人(自然人、法人)に遺言者の財産を無償で譲ること。単独行為であり、契約である死因贈与と異なる
"""
  print(a)
     def 死因贈与():
         a="""死因贈与とは、贈与者の死亡により、効力を生ずる贈与である。当事者間の契約による贈与で、遺贈と類似するので、遺贈に関する規定に従う
"""
  print(a)
     def 相続税の役割():
         a="""(1)所得税の補完機能
儀相続人が生前においてさまざまな理由により蓄積した財産を相続開始の
時点において清算する、所得税の補完機能である。
蓄積された財産とは、消費されず、貯蓄された財産、不動産、生命保険等
に投資された財産である。    
(2)富の集中排除機能
相続人等が得た偶然の富の増加に対し、その一部を税として課税すること
で、相続した者としなかった者との負担の均衡を図り、併せて富の過度の
集中を抑制する。 """
  print(a)
     def 相続税の課税方式():
        a="""(1)遺産課税方式と遺産取得課税方式')
遺産課税方式とは、被相続人の遺産総額に応じ、累進税率で課税する。遺産分
割に関係なく相続税額が決まる。
(2)遺産取得課税方式とは、個々の相続人が相続により取得する遺産額に応じて
      課税する。個々の相続人の相続税の合計が相続税総額になる。
      それぞれの方式の特徴
      遺産課税方式は、作為的な仮想の遺産分割による租税回避を防ぎ、遺産分割
     に 関係しないので税務の執行が迅速容易となる。
      遺産取得課税方式は、相続人別に、相続した財産に応じて累進税率が適用され
      るので、富の集中抑制と税負担の公平が期待できる。
(3)現行の課税方式
     法定相続分課税方式が導入され、遺産を相続したすべての相続人等が納付 
    すべき相続税の総額を法定相続分と相続人の数により決定する。
     相続税の総額を個々の相続人等の実際の相続により取得した純財産額により按
     分してそれぞれの相続税額が決まる """
  print(a)

 (3)相続税概説インスタンスを作成

>>> s=相続税概説
>>> s.相続税の役割()

(1)所得税の補完機能
儀相続人が生前においてさまざまな理由により蓄積した財産を相続開始の
時点において清算する、所得税の補完機能である。
蓄積された財産とは、消費されず、貯蓄された財産、不動産、生命保険等
に投資された財産である。    
(2)富の集中排除機能
相続人等が得た偶然の富の増加に対し、その一部を税として課税すること
で、相続した者としなかった者との負担の均衡を図り、併せて富の過度の
集中を抑制する。
>>>  

                            第2節 贈与税のあらまし

 (1)贈与税概説リスト作成
 
 
def 贈与税概説リスト():
    贈与税概説=["贈与","贈与税"," 贈与税の課税方式"]
    print(贈与税概説
)

 >>> 贈与税概説リスト()

['贈与', '贈与税', ' 贈与税の課税方式']

 (2)贈与税概説クラス作成

 class 贈与税概説:
      def 贈与():
  a="""当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をし、
相手方がこれを受諾することによって成立する契約をいう(民法549条)"""
          print(a)

      def 贈与税():
  a="""贈与税は個人から贈与により財産を取得した者(原則として個人)にかかる税金である
税負担公平のの見地から、生前に行われる贈与財産にも税を課し、相続税を補完する必要があり、贈与による取得財産には贈与税を課する。
相続税と贈与税は全く別個の税であるが、相続税法に規定されている。贈与税は
相続税の補完税として位置付られているためである。
また、相続開始前に被相続人から財産を贈与により取得した者は、その価額を相
続財産に加算する制度(相法19、ただし課税されている贈与税は控除される。)が設けられている。
また、相続税と贈与税を一体化する仕組みである、相続時精算課税制度(相法21−9〜18)が設けられている """
          print(a)
      def 贈与税課税方式():
  a="""贈与をした人(贈与者)に課税する方式と贈与を受けた人(受贈者)に 課税する方式がある。我が国では相続税の課税方式が遺産取得方式なので、贈与税の課税方式は受贈者課税方式である """
         print(a)

 (3)贈与税概説インスタンス作成


  >>> s=贈与税概説
 >>> s.贈与税課税方式()

 贈与をした人(贈与者)に課税する方式と贈与を受けた人(受贈者)に 課  
 税する方式がある。我が国では相続税の課税方式が遺産取得方式なので
、贈与税の課税方式は受贈者課税方式である 
  

 

 

                 第3節 財産の無償取得と課税

 (1)無償取得リスト作成

 def 無償取得リスト():
        無償取得=["無償取得課税","法人の個人法人からの無償取得"]
        print(無償取得)

 >>> 無償取得リスト()
['無償取得課税', '法人の個人法人からの無償取得']

 (2)無償取得クラス作成

 
class 無償取得:
    def 無償取得課税():
  a="""個人からの無償取得=>相続税・贈与税, 法人からの無償取得=>一時所得
"""
        print(a)
    def 法人の個人法人からの無償取得():
  a="""(1)一般営利法人の個人法人からの無償取得=>法人税課   
          税、
          (2) 公共法人・公益法人の非収益事業=>非課税、
          (3) 代表者の定めがある人格のない社団・財団が個人から    
             の無償取得=>相続税、贈与税課税
          (4) 持分の定めがない法人が個人から遺贈、贈与を受けた  
             場合で個人の親族等の相続税・贈与税の負 担が不当
             に減少する結果が認められる=>個人とみなして相続
             税・贈与税を課税 """
        print(a)   

 (3)無償取得インスタンス作成

>>> s=無償取得
>>> s.無償取得課税()


個人からの無償取得=>相続税・贈与税, 法人からの無償取得=>一時所得


第2章 納税義務者

 
(1)相続税納税義務者リスト作成

 

 def 相続税納税義務者リスト():
    相続税納税義務者=["納税義務者","個人納税義務者","みなし個人納税義務者"]
    print(相続税納税義務者)

 

 >>> 相続税納税義務者リスト()

['納税義務者', '個人納税義務者', 'みなし個人納税義務者']

 
(2)相続税納税義務者クラス作成
 
class 相続税納税義務者:
        def 納税義務者():
            a="""相続税の納税義務者は、原則として、相続や遺贈(贈与をした者の死亡により効力

を生ずる贈与を含む。第3章第T節を除き、以下同じ。)により財産を敢得した個人

及び披相続人からの贈与について相続時精算諜税制度の適用を受けた個人である(相

法↓の3)。

 """
            print(a)
       def 個人納税義務者():
          a="""(1)居住無制限納税義務者

  
居住無制限納税義務者とは、相続又は遺贈により財産を取得した個人で、その財産を取得した時に相続税法の施行地に住所を有していた者をいい、その取得財産の所在のいかんを問わず、その取得した財産の全部について納税義務がある(相法1の 
      3    一、2 法  

 

(2)非居住無制限納税義務者

  
非居住無制限納税義務者とは、相続又は遺贈により財産を取得した目本国籍を有する個人で、そ の者又は披相続人が相続の開始前5年以内に相続税法の施行地に住所を有したことがある者をいい、 その取得財産の所在のいかんを問わず、その取得した財
産の全部について納税義務がある(相法1 の3二、2 法

居住無制限納税義務者と非居住無制限納税義務者を総じて無制限納税義務者という。

 
(3)制限納税義務者

  
 制限納税義務者とは、相続又は遺贈により財産を取得した個人で、その財産を取得した 時に相続税法の施行地に住所を有していない者(非居住無制限納税義務者に該当する者
 を除く。)をいい、 その取得した財産のうち、相続税法の施行地にある財産についての
みの制限された納税義務がある

  (相法1の3三、2◆法

  

 (4)特定納税義務者

 
特定納税義務者とは、相続又は遺贈により財産を取得しなかった個人で、被相続人から
 相続時精算課税の適用を受ける財産を贈与により取得した者をいい、その相続時精算課税の適用を受ける財 産について納税義務がある(相法1の3四、21の16 法

   

 """
          print(a)
     def みなし個人納税義務者():
          a="""相続税法は、納税義務者を、原則として相続や遺贈により財産を取得した個人と定めてい
 る(相法1の3)が、遺贈により財産を取得する者は、必ずしも個人とは限らない。

相続税法は、税負担の公平を図るため、その財産の取得者である人格のない社団等を
 個人とみなして、相続税の納税義務を課す規定を設けている(相法66 ↓ぁ法


(1)代表者又は管理者の定めのある人格のない社団又は財団

  
    代表者又は管理者が定められている人格のない社団や財団に対して遺贈があった場 合又は遺言によってこれらの社団 や財団を設立するために財産の提供があった場合
 には、その社団や財団は個人とみなされ、相続税の納税義務を負う(相法66 ↓◆法


(2)持分の定めのない法人

  
 持分のない法人に対して財産の遺贈があった場合又は遺言によって当該法人を設立す るための財産の提供があった場合において、これらの遺贈や提供により遺贈者・提 
供者の親族その他これらの者と特別の関係がある者の相続税・贈与税の負担が不当に 減少する結果となると認められるときには、その法人は個人とみなされ、相続税の納税義 務を負う(相法66ぁ法

 (注)財産の取得に伴い人格のない社団等又は持分の定めのない法人に牒されるべき法人税等相当額がある場合には、相続税額の計算上、これを控除する

 

 """
          print(a)

  
  
(3)相続税納税義務者インスタンス作成
        
   >>> s=相続税納税義務者
  >>> s.納税義務者()

相続税の納税義務者は、原則として、相続や遺贈(贈与をした者の死亡により効力
を生ずる贈与を含む。第3章第T節を除き、以下同じ。)により財産を敢得した個人及び披相続人からの贈与について相続時精算諜税制度の適用を受けた個人である(相

法↓の3)。      
 
  

第2節 贈与税の納税義務者


 (1)贈与税納税義務者クラス作成

 

 class 贈与税納税義務者:
    def 意義():
        a="""贈与税の納税義務者は、贈与により財産を取得した個人であり、贈与税の納税義務は、

贈与により財産を取得した時に成立する。
そして、財産を取得した者が、財産取得の時に、相続税法の施行地に住所を有していたかあるいは目本国籍の有無等で居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者及び制限納税義務者に区分され、soの区分に基づき贈与税の課税範囲を異にする(相法1の4)。

 また、代表者又は管理者の定めのある人格のない社団又は財団に対する贈与は、これらを個人とみなして贈与税が課税され、持分のない法人についても個人とみなされ贈与税が課税される場合がある(相法66 ↓ぁ法

(注)居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者及び制限納税義務者並びに代表者又は管理者の定めのある人格のない社団又は財団等についての取扱いは、相続税と同様である。

 
2)贈与税納税義務者インスタンス

 >>> s=贈与税納税義務者
 >>> s.意義()

贈与税の納税義務者は、贈与により財産を取得した個人であり、贈与税の納税義務は、

贈与により財産を取得した時に成立する。
そして、財産を取得した者が、財産取得の時に、相続税法の施行地に住所を有していたかあるいは目本国籍の有無等で居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者及び制限納税義務者に区分され、soの区分に基づき贈与税の課税範囲を異にする(相法1の4)。

 また、代表者又は管理者の定めのある人格のない社団又は財団に対する贈与は、これらを個人とみなして贈与税が課税され、持分のない法人についても個人とみなされ贈与税が課税される場合がある(相法66 ↓ぁ法

(注)居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者及び制限納税義務者並びに代表者又は管理者の定めのある人格のない社団又は財団等についての取扱いは、相続税と同様である。

 

第3節 財産の所在と納税義務の範囲

 
(1)財産所在納税義務範囲クラス作成

 

 class 財産所在納税義務範囲:
    def 意義():
        a="""

居住無制限納税義務者(相法1の3一、1の4一)及び非居住無制限納税義務者(相法1の3二、1の4二)は、取得財産の全部に対し相続税又は贈与税が課税される(相法2 ■欧裡沖 砲里杷疾乃遡海糧縦蠑紊修亮萋精盪困僚蟶澆鯡簑蠅箸垢詆要はないのに対し、制限納税義務者(相法1の3三、1の4三)は、その取得財産のうち相続税法の施行地にあるものに対してのみ相続税又は贈与税が課税される(相法2◆■欧裡沖◆砲海箸ら、その取得財産の所在がどこであるかの判定は、納税義務の有無及びその範囲を判定する上で重要である。

 相続税法においては第10条に、財産の所在についての規定が設けられており、主な財産の所在地は、次のとおりである。
1 動産又は不動産
その動産(現金を含む。)又は不動産の所在(ただし、船舶又は航空機は、それらの登録をした機関の所在)
2 金融機関に対する預貯金、積金又は寄託金
その受入れをした営業所又は事業所の所在
3 保険金
保険契約に係る保険会社の本店又は主たる事務所の所在(相続税法の施行地に本店又は主たる事務所がない場合にお いて、この法律の施行地に当該保険の契約を行う営業所、事務所その他これらに準ずるものを有するときにあっては、当該営業所、事務所その他これらに準ずるものの所在)
4 退職手当金等
支払った者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在(相続税法の施行地に本店又は主たる事務所がない場合において、この法律の施行地に当該保険の契約を行う営業所、事務所その他これらに準ずるものを有するときにあっては、当該営業所、事務所その他これらに準ずるものの所在)
5 貸付金債権
債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在
6 社債、株式又は出資
  社債・株式の発行法人又は出資のされている法人の本店若しくは主たる事務所の所在
7 国債又は地方債
  相続税法の施行地
8 外国又は外国の地方公共団体の発行する公債
 """
        print(a)

 
>>> s=財産所在納税義務範囲
 >>> s.意義()

居住無制限納税義務者(相法1の3一、1の4一)及び非居住無制限納税義務者(相法1の3二、1の4二)は、取得財産の全部に対し相続税又は贈与税が課税される(相法2 ■欧裡沖 砲里杷疾乃遡海糧縦蠑紊修亮萋精盪困僚蟶澆鯡簑蠅箸垢詆要はないのに対し、制限納税義務者(相法1の3三、1の4三)は、その取得財産のうち相続税法の施行地にあるものに対してのみ相続税又は贈与税が課税される(相法2◆■欧裡沖◆砲海箸ら、その取得財産の所在がどこであるかの判定は、納税義務の有無及びその範囲を判定する上で重要である。

 相続税法においては第10条に、財産の所在についての規定が設けられており、主な財産の所在地は、次のとおりである。
1 動産又は不動産
その動産(現金を含む。)又は不動産の所在(ただし、船舶又は航空機は、それらの登録をした機関の所在)
2 金融機関に対する預貯金、積金又は寄託金
その受入れをした営業所又は事業所の所在
3 保険金
保険契約に係る保険会社の本店又は主たる事務所の所在(相続税法の施行地に本店又は主たる事務所がない場合にお いて、この法律の施行地に当該保険の契約を行う営業所、事務所その他これらに準ずるものを有するときにあっては、当該営業所、事務所その他これらに準ずるものの所在)
4 退職手当金等
支払った者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在(相続税法の施行地に本店又は主たる事務所がない場合において、この法律の施行地に当該保険の契約を行う営業所、事務所その他これらに準ずるものを有するときにあっては、当該営業所、事務所その他これらに準ずるものの所在)
5 貸付金債権
債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在
6 社債、株式又は出資
  社債・株式の発行法人又は出資のされている法人の本店若しくは主たる事務所の所在
7 国債又は地方債
  相続税法の施行地
8 外国又は外国の地方公共団体の発行する公債
 
class 相続:
    def 相続開始():
        a="""(1)相続の開始
   相続は、自然人の死亡によって開始する(民法882)。
   また、失踪宣告によっても死亡したものとみなされ、死亡と同様に相続開始の原因となる(民法
  31)。法人については、相続の開始ということはない。 """
        print(a)
    def 相続人():
        a="""(2)相 続 人
   民法は、誰を相続人とするかを定めた法定相続主義を採っている。 """
        print(a)
    def 相続順位法定相続分():
        a="""(3)相続順位と法定相続分
  イ 相続人と相続順位
   民法は、相続人として、配偶者と三つの血族関係者を定めている。そして、配
      偶者は、常に相続人となるが、血族関係者である相続人については、一定の順
      位を定めている(民法887、889、890)。
    ‖茖噂膂漫〇辧並綵荏蠡蛙諭並后∩渋垢覆鼻砲魎泙燹)
   ◆‖茖化膂漫…招和座亜壁稱譟∩追稱譴覆鼻
    第3順位 兄弟姉妹(代襲相続人(おい、めい)を含む。)
   したがって、相続人となる者は、次のとおりである。
   (イ)配偶者及び子(子が相続開始以前に死亡又は相続権を失ったときは、その
          直系卑属たる代襲者)
   (ロ)子がいない場合には、配偶者及び直系尊属
   子も直系尊属もいない場合には、配偶者及び兄弟姉妹(兄弟姉妹が相続開 
      始以前に死亡又は相続権を失ったときは、その子)
   (ニ)他に相続人がいない場合には、配偶者のみ """
        print(a)

 

 
>>> s=相続
>>> s.相続人()

(2)相 続 人
   民法は、誰を相続人とするかを定めた法定相続主義を採っている。   
 
 

具体例


 (1)相続関係辞書作成の見本を作る

 class 相続関係:
    def 相続関係():
        配偶者={"配偶者":""}
        子={"子1":"a1","子2":"a2","子3":"a3","子4":"a4","子5":"a5"}
        尊属={"尊属1":"a1","尊属2":"a2"}
        兄弟姉妹={"兄弟姉妹1":"a1","兄弟姉妹2":"a3","兄弟姉妹3":"a3","兄弟姉妹":"a4","兄弟姉妹5":"a5"}
        相続人数={"相続人数":""}
        相続開始日={"相続開始日":""}
        相続番号={"":""}
        print("配偶者> ",配偶者)
        print("子> ",子)
        print("尊属> ",尊属)
        print("兄弟姉妹 >",兄弟姉妹)
        print("相続開始日 >",相続開始日)
        print("相続番号 >",相続番号)
        print("辞書名=相続関係、中カッコ、キー名=配偶者、子、尊属、兄弟姉妹、相続人数、相続開始日、中カッコの形式で辞書を作って下さい")

 

>>> s=相続関係
>>> s.相続関係()

配偶者>  {'配偶者': ''}
子>  {'子2': 'a2', '子3': 'a3', '子1': 'a1', '子4': 'a4', '子5': 'a5'}
尊属>  {'尊属2': 'a2', '尊属1': 'a1'}
兄弟姉妹 > {'兄弟姉妹': 'a4', '兄弟姉妹5': 'a5', '兄弟姉妹2': 'a3', '兄弟姉妹3': 'a3', '兄弟姉妹1': 'a1'}
相続開始日 > {'相続開始日': ''}
相続番号 > {'': ''}
辞書名=相続関係、中カッコ、キー名=配偶者、子、尊属、兄弟姉妹、相続人数、相続開始日、中カッコの形式で辞書を作って下さい
  
 (2)相続関係辞書を作る

 

 >>> 相続関係={"被相続人":"乙野太郎","子1":"乙野一郎","子2":"乙野序二郎","子3":"乙野夕子","配偶者":"乙野朝子","相続開始日":"2011・06・01"}

>>> 相続関係

{'子2': '乙野序二郎', '子3': '乙野夕子', '子1': '乙野一郎', '被相続人': '乙野太郎', '相続開始日': '2011・06・01', '配偶者': '乙野朝子'}   

(3)相続関係辞書に、keyとvalueを追加する

>>> 相続関係追加={"相続番号":"201101"}
>>> 相続関係.update(相続関係追加)
>>> 相続関係

{'子2': '乙野序二郎', '子3': '乙野夕子', '子1': '乙野一郎', '相続番号': '201101', '被相続人': '乙野太郎', '相続開始日': '2011・06・01', '配偶者': '乙野朝子'}
 

(4)相続関係辞書のkeyのひとつを削除する

>>> del 相続関係 ["子3"]
>>> 相続関係

{'子2': '乙野序二郎', '子1': '乙野一郎', '相続番号': '201101', '被相続人': '乙野太郎', '相続人数': 4, '相続開始日': '2011・06・01', '配偶者': '乙野朝子'}

 

(5)相続関係辞書のひとつのkeyの値を訂正する。

>>>  相続関係

{'子2': '乙野序二郎', '子1': '乙野一郎', '相続番号': '201101', '被相続人': '乙野太郎', '相続人数': 4, '相続開始日': '2011・06・01', '配偶者': '乙野朝子'}

>>> 相続関係["相続人数"]=3
>>> 相続関係

{'子2': '乙野序二郎', '子1': '乙野一郎', '相続番号': '201101', '被相続人': '乙野太郎', '相続人数': 3, '相続開始日': '2011・06・01', '配偶者': '乙野朝子'}

(7)相続関係のkey数から相続人数を求める。


>>> 相続関係

{'子2': '乙野序二郎', '子1': '乙野一郎', '被相続人': '乙野太郎', '相続開始日': '20110601', '配偶者': '乙野朝子'}

>>> a=len(相続関係)-2
>>> a

3

(6)相続税の基礎控除額を計算する。

>>> class 相続税基礎控除:              <クラスを作る
         "相続税基礎控除"                <文
         def 控除(self):                   <関数
              a=input("相続人の数= ")
              a=int(a)
              b=a*10000000+50000000
              print("相続税基礎控除額 ",b)


相続人の数= 3

相続税基礎控除額  80000000

(2)家屋データリスト作成  zip list print

 >>> 相続家屋=["所在","家屋番号","課税種類","課税構造","課税床面積","固定資産評価","借家割合","持分割合","相続税評価"]
>>> 家屋1=["高津区","283","共同住宅","木造",200,3000000,0.3,0.5,0]
>>> 家屋1=zip(相続家屋,家屋1)
>>> 家屋1=list(家屋1)
>>> print(家屋1)

[('所在', '高津区'), ('家屋番号', '283'), ('課税種類', '共同住宅'), ('課税構造', '木造'), ('課税床面積', 200), ('固定資産評価', 3000000), ('借家割合', 0.29999999999999999), ('持分割合', 0.5), ('相続税評価', 0)]
 
宅地の評価軽減既定 居住用:Q&A形式

 条件分岐 if elif else print input 関数 def
 税法規では文章が長くなること。
 定義既定が厳格であること。
 文字列定義を性格にしておくことが大切。

  def 特定居住用宅地等():
    print('特定居住用宅地等の適用要件の判定をします。')
    print()
    print('特定居住用宅地等とは被相続人等の自宅敷地、不動産貸付宅地です。')
    print()
    s=('200平方メートルまで50%割引')
    s2=('特定住宅用宅地等に該当する、240平方メートルまで80%割引')
    a=input('被相続人の自宅の敷地の所有者は被相続人ですか?はい>1、いいえ>0 ')
    print()
    a=int(a)
    if a==0 :
        print('特例の適用なし')
        print()
    elif a==1 :   
        b=input('被相続人に配偶者または同居親族(法定相続人)はいますか?はい>1いいえ>0 ')
        print()
        # b=配偶者、法定相続人存在確認
        b=int(b)
        if b == 0:
            c=input ('当該宅地等の取得者のうちに、相続開始前3年以内に自己またはその配偶者の持家(被相続人が居住していた家屋を除く)に居住したことがない親族がいますか?はい>1、いいえ>0')
            print()
            c=int(c)
            if c==0 :
                print(s)
            if c== 1 :
                e=input('その親族が相続発生時から申告期限まで引き続き所有していますか?はい>1いいえ>0')
                print()
               
                #e=申告期限まで修条件確認
                e=int(e)
                if e==0 :
                    print(s)
                elif e==1 :
                    print(s2)
                   
               
        if b==1:
            f=input('配偶者が当該宅地等の全部または一部を取得しますか?はい>1いいえ>0')
            print()
            # f=配偶者宅地取得確認
            f=int(f)
            if f==1 :
                print(s2)
            elif f==0 :
                g=input('同居親族が当該宅地等の全部または一部を相続しますか?はい>1いいえ>0 ')
                print()
                #g=同居親族宅地取得確認
                g=int(g)
                if g==(0):
                    print(s)
                elif g==1:
                    h=input('その同居親族が相続発生時から申告期限まで引き続き所有し、かつ居住していますか?はい1いいえ0>  ')
                    print()
                    #申告期限まで居住確認
                    h=int(h)
                    if h==0 :
                        print(s)
                    elif h==1 :
                        print(s2)
  

 宅地の評価: 事業用 Q&A形式

   def 特定事業用宅地等():
    print('特定事業用宅地等の適用要件の判定をします。')
    print('特定事業用宅地等とは被相続人等の不動産貸付業、駐車場業、自転車駐
           車場業の敷地です。')
    print()
    s=('200平方メートルまで50%割引')
    s2=('特定事業用宅地等に該当する、400平方メートルまで80%割引')
    s3=('特例適用なし')
    s4=('はい>1いいえ>0 ')
    a=int(input('被相続人または生計を一にする親族の事業用宅地等です
       か?'+s4))
    #a宅地所有者確認
    if a==0 :
        print(s3)
    elif a==1 :   
        b=int(input('その宅地の上に家屋・構築物がありますか?'+s4))
        # b家屋・構築物の存在確認
        if b == 0:
            print(s3)
        else :
            c=int(input ('その事業は不動産貸付業、駐車場業、駐輪場業です
            か?'+s4))
            #c業種確認
            if c==1 :
                 print(s)
            else :
                 d=int(input('その宅地等の取得者のうちに被相続人の親族がいます
                 か?'+s4))
                 #d被相続人の親族確認
                 if d==0:
                     print(s)
                 else :
                         e=int(input('その宅地等は被相続人の事業の用に供されてい
                         た宅地等ですか'+s4))
                         if e==1:
                                   f=int(input('その親族は次の要件をすべて満たします
                                   か?'+s4))
                                   #最終条件
                                   if f==1 :
                                       print(s2)
                                   else:
                                           print(s)
                         else:
                             g=int(input('その宅地等は被相続人と生計を一にする親族
               の事業の用に供されていt宅地等ですか?'+s4))
                             #生計一にする親族確認
                             if g==1:
                                 h=int(input('その生計を一にする親族がつぎの要件をす
                 べて満たしていますか?'+s4))
                                 #最終要件確認
                                 if h==0:
                                     print(s)
                                 else:
                                     print(s2)
     宅地の評価      :   同族会社使用                       

def特定同族会社事業用宅地等():
 
    s1='特例適用なし'
    s2='200平方メートルまで50%割引'
    s3='特定同族会社事業用宅地等に該当する。400平方メートルまで80%割引'
    s4='はい>1いいえ>0  '
    a=int(input('被相続人およびその親族のそのた被相続人の特別関係者の持株割合が50%である同族会社の事業用宅地等ですか'+s4))
    if a==0 :
        print(s1)
    else :
        b=int(input('同族会社に対して相当の対価を得て貸し付けていますか?'+s4))
        if b==0 :
            print(s1)
        else :
            c=int(input('その事業は不動産貸付業、駐車場業、駐輪場業ですか?'+s4))
            if c==1 :
                print(s2)
            else :
                d=int(input('その宅地等の取得者のうちに申告期限においてその同族会社の役員である親族がいますか?'+s4))
                if d==0 :
                    print(s2)
                else :
                        e=int(input('次の要件をすべて満たしていますか。その親族が申告期限までにその宅地等を取得している。申告期限までその同族会社が事業を営んでいる。'+s4))
                        if e==0 :
                            print(s2)
                        else :
                            print(s3)

 家屋評価={'家屋':'固定資産評価額*1.0','建築中家屋':'建築費用*0.7','門・塀等:'再建築価額ー償却額*0.7','庭園設備':'調達価額*0.7','貸家':'家屋評価額ー(家屋評価額*0.3','マンション':'土地評価額*持分+建物評価額'}