©日本科学技術連盟      
          
『ISO 9001からTQM活動への自己評価シート』のためのセルフチェックシート
 

       
−TQMによる効果的・効率的なQMS活動の実践を目指して−               
                                    注)1.“評価点”は“活動の進捗”に応        
                        じて採点する       
                                
                   注)2.網かけまでまでは“ISO 9001の  
        

                                      要求レベル”       
                              

                 注)3. 青書きは“しおり”のキーワードを示す       
          
          
機4.「品質マネジメントシステム」          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフチェック"   
     の要求レベル      
     活動の進捗 評 価 点    
          
Q1.品質保証の仕組みを確立し,品質向上,顧客満足向上に役立てていますか?          

1-1 4.1 "標準化と日常管理" 品質保証の重要性が組織全体で認識されている。                                                                                             □ 1    
1-2 品質マネジメントシステム  品質保証の体系化により仕組みが明文化され,各部門の役割が明確になっている。                                                    □ 2    
1-3   品質保証活動を組織的に行い,改善の結果から標準類の見直し・改訂を実施している。
                                                                            □ 3    
1-4   品質保証体系のPDCAが効果的に回り,問題点が摘出され,仕組みが改善されている。  □ 4    
1-5   品質保証活動を通して,品質向上/顧客満足の向上に顕著な効果が得られている。  □ 5    

Q2.経営全般に関わる標準を体系化し,効果的に活用していますか?          

2-1 4.1 "標準化と日常管理" 仕事の標準化の必要性を認識し,それに取り組んでいる。  □ 1    
2-2 品質マネジメントシステム  業務・活動の手順(プロセス)を文書化し実施し,改善活動結果から改訂している。  □ 2
    
2-3   経営方針展開,原価,販売,新商品開発など経営機能の全般にわたり標準を確立している。  □ 3    
2-4   標準化推進組織により,標準化の仕組みが定着し,標準の制・改廃を効果的に実施している  □ 4    
2-5   経営に必要なすべての機能をシステムとしてそのPDCAを回し,経営に効果を得ている。  □ 5    

Q3.業務に必要な文書・記録の管理を効率的に行っていますか?          

3-1 4.2 "標準化と日常管理" 文書化が必要な業務・プロセスが明確になっている。

。  □ 1    
3-2 文書化に関する要求事項  文書の承認・配付,記録の作成,保管などの管理手順を文書化している。  □ 2
    
3-3   文書化された手順に従い,文書のレビュー・管理を確実にしている。  □ 3    
3-4   文書管理の手順の見直しを行い,電子化など管理の効率化を図っている。  □ 4    
3-5   文書・記録を有効に活用し,システムの改善に効果を得ている。  □ 5    
          
          
供ィ機ァ峽弍勅圓寮嫻ぁ          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフ
チェック"   
 の要求レベル      
 活動の進捗 評 価 点    
          
Q4.会社の経営理念・経営方針を明確にし,一貫した活動を行っています?          

4-1 5.1 トップのリーダーシップ 経営のビジョン,例えば経営理念,経営方針,経営課題を明確にしている。  □ 1    
4-2 経営者のコミットメント  経営方針・経営課題達成のための年度業績目標を設定し,社内に周知している。  □ 2    
4-3   目標の達成方策を定め,各部門に展開して活動のレビュー・指導を行っている。  □ 3    
4-4   中長期的な観点から経営計画を策定し,年度経営方針に展開し,管理を確実にしている。  □ 4    
4-5   経営方針達成のシステムのPDCAを回し,業績向上に顕著な効果を得ている。  □ 5    

Q5.品質に関する方針を明確にし,各部門に展開していますか?                             
5-1 5.3  トップのリーダーシップ 品質に関する方針を設定し,それを明文化して社内に周知・理解をさせている。  □ 1    
5-2 品質方針  品質方針が経営理念・方針の中で明確に位置付けられ,それが社員に理解されている。  □ 2    
5-3   品質方針達成のために必要な活
動が理解され実施している。  □ 3    
5-4   品質方針の達成の評価指標を明確に設定し,PDCAを回している。  □ 4    
5-5    社会的品質を含め品質の維持と改善に顕著な効果を得ている。  □ 5    

るか    

6-1 5.4.1 トップのリーダーシップ 品質方針を達成するための品質目標を各部門に展開し,設定している。  □ 1    
6-2 品質目標  品質目標の達成度を判定し,必要な処置を行っている。  □ 2    
6-3   品質目標に業績目標を含めて十分な方策を検討し,重点施策を各部門に展開している。  □ 3    
6-4   重点施策の実施状況と目標の達成度を短期サイクルでチェックし,PDCAを回している。  □ 4    
6-5   品質目標の展開の仕組みを改善し,全社で業績向上の活動を実施し,著しい効果を得ている。  □ 5    

Q7.全部門にわたり責任・権限を明文化し,管理された状態で日常業務を行っていますか?          

7-1 5.5.1 "標準化と日常管理" 会社の業務内容を定め,それに従い各部の業務を実施している。  □ 1    
7-2 "責任及び権限"  組織図,各部の分掌業務,責任・権限を分掌業務規定などで明文化し,実施している。  □ 2    
7-3   製品・サービス,業務プロセスを測定する管理項目,評価尺度を設定し,実施している。  □ 3    
7-4   すべての業務を機能別に展開し,系統的に整理し,日常管理の方法を確立して実施している。  □ 4    
7-5   業務全般で標準による作業が徹底し,業務の効率化に大きな効果が得られている。  □ 5    

Q8.マネジメントレビューにより経営方針の達成の仕組みを維持・改善し,効果を得ていますか?          

8-1 5.6 トップのリーダーシップ マネジメントレビューのインプットにより,業務・活動の実施状況が把握できている。  □ 1    
8-2 マネジメントレビュー  業務・活動状況の報告から,システムの問題点が明確になっている。  □ 2
    
8-3   問題点に対しトップから具体的な改善の指示を行い,システムの有効性改善につなげている。  □ 3    
8-4   品質のみならず経営全般の要素にわたり,システムの診断を行い,その効果を得ている。  □ 4    
8-5   経営システム全体のPDCAを回し,業績向上・経営方針達成に顕著な効果を得ている。  □ 5    
          
          
掘6.「資源の運用管理」          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフ
チェック"  
の要求レベル      
活動の進捗 評 価 点    
          
          
Q9.経営方針・業績目標の達成に必要な経営資源を確保し,活用していますか?          

9-1 6.1 トップのリーダーシップ  現状の経営資源(人,モノ,資金,情報)を把握している。  □ 1    
9-2 資源の提供   経営資源の適切な必要量を検討し,それを明文化している。  □ 2    
9-3    必要量に対して補充の可否を判断し,それに従って運用管理をしている。  □ 3    
9-4   資源の運用管理について,改善に取り組まれて効果を上げている。  □ 4    
9-5   経営資源が有効に活用され,経営方針・業績目標の達成に大きく寄与している。  □ 5    

Q10.教育・人材育成に取組み,社員の能力・会社の技術力が確実に向上していますか?          

10-1 6.2 人材の育成 人材育成,教育・訓練の方針を明確にしている。  □ 1    
10-2 人的資源  教育・訓練について,OJTとともにOFFJTも実施している。  □ 2    
10-3    人材育成のシステムを定め必要な教育・訓練を計画的に実施し,有効性を評価している。  □ 3
    
10-4   教育・訓練履歴を個人別に把握し,教育訓練プログラムによりその能力向上を図っている。  □ 4    
10-5   教育の仕組みの改善が行われ従業員の能力・モラールが顕著に向上し,経営に寄与している。  □ 5    

Q11.必要なインフラストラクチャーを提供し,製品要求事項への適合性を維持していますか?          

11-1 6.3 情報技術の活用 必要なインフラストラクチャーを明確にし,提供・維持している。  □ 1    
11-2 インフラストラクチャー  マネジメントレビューにより過不足を明確にし,補充を行っている。  □ 2    
11-3   日常業務でコンピュータによる情報処理を行い,業務の正確さ,迅速化ができている。  □ 3    
11-4   商品企画・設計,製造・販売にいたる品質情報システムが確立・運用されている。  □ 4    
11-5   ネットワーク化など新しい情報技術の品質管理への適用が行われ,効果を発揮している。  □ 5    
          
          
. 7.「製品実現」          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフ
チェック"     
の要求レベル      
活動の進捗 評 価 点    
          
          
Q12.顧客のニーズを的確にとらえ,その実現により顧客の評価を得ていますか?          

12-1 7.2  品質情報の収集・分析・活用 顧客の製品要求事項を明確にし,注文の受諾前にレビューしている。  □ 1    
12-2 顧客関連プロセス  顧客とのコミュニケーションを効果的に確立し,顧客情報を収集している。  □ 2    
12-3   顧客フィードバック
情報を分析し,それを営業・設計・製造の業務に活用している  □ 3    
12-4   市場調査が行われ市場・顧客ニーズが明確になり,その実現化に取組み,効果を得ている。  □ 4    
12-5   顧客ニーズの顕在化,顧客評価の手法を確立し,顧客満足の向上に大きな効果を得ている。  □ 5    

Q13.設計・開発のプロセスの確立により,設計品質の向上や新商品開発に取り組んでいますか?          

13-1 7.3 新商品開発 設計・開発の計画を策定し,検証,レビュー,妥当性確認などの管理を明確にしている。  □ 1    
13-2 設計・開発  計画に従って設計・開発の管理が適切に行われている。  □ 2    
13-3  新技術開発 検証,レビュー,妥当性確認などからシステムの改善につなげ,設計品質が向上している。  □ 3    
13-4   独自の新商品を目指して開発が行われ,開発の期間短縮,コストダウンが達成されている。  □ 4    
13-5   新技術の開発に積極的になり画期的な商品開発,品質改善,生産性向上に成功している。  □ 5    

Q14.購買管理により供給者との互恵関係・供給者の能力の向上に効果を得ていますか?          

14-1 7.4 "標準化と日常管理" 供給者にアウトソースするプロセス及び購買要求事項を明確にしている。  □ 1    
14-2 購買  供給者の能力の判断基準を明確にし,評価・選定している。  □ 2    
14-3   評価結
果をデータ分析するなど活用して,供給者能力の問題点を明確にしている。  □ 3    
14-4   問題点を供給者に伝え,改善を要請し,必要に応じて品質指導を行っている。  □ 4    
14-5   供給者との互恵関係が改善され,相互の改善・指導により供給者の能力が向上している。  □ 5    

Q15. 製品の実現計画を明確に設定し,その実行により品質を確保できていますか?          

15-1 7.5 "標準化と日常管理" 品質計画書を作成し,製品実現のプロセスを構築し明確にしている。  □ 1    
15-2 製造及びサービス提供  要求事項を基に,製品の検査試験・合否判定基準,作業手順など管理方法を定めている。  □ 2    
15-3   計画書を基に,管理された状態で製品・サービスの提供を行っている。  □ 3    
15-4   全工程にわたり管理された状態が維持され,トラブル・異常の発生が少ない。  □ 4    
15-5   工程の改善が効果的に実施され,不良0が維持されており,品質向上に効果を得ている  □ 5    
          
          
后8.「測定,分析及び改善」          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフ
チェック"     
の要求レベル      
 活動の進捗 評 価 点    
          
Q16.改善活動の仕組みを構築し,組織的な活動により顕著な効果を得ていますか?          

16-1 8.1 改善活動 改善活動を組織的・体系的に実行する必要性を認識している。  □ 1    
16-2 一 般  改善活動
の仕組み(測定・分析・改善のプロセス,統計的手法)を明確に規定している。  □ 2    
16-3   改善活動計画・方針を示し,仕組みに従って全部門が組織的に実施している。  □ 3    
16-4   活動結果を適切に評価し,効果的にPDCAを回して活動レベルを向上させている。  □ 4    
16-5   活動の仕組みの弱点を評価・改善し,製品・サービスなどの向上に顕著な効果が得られている。  □ 5    

Q17.顧客満足度の向上に取組み,顧客の高い評価を得ていますか?          

17-1 8.2.1 改善活動  顧客満足の考えを重要視し,経営方針に含めて社内に周知している。  □ 1    
17-2 顧客満足   顧客満足の指標を定め,その情報を収集・分析している。  □ 2    
17-3    分析結果から,その問題点,原因を特定し,改善活動を組織的・計画的に実施している。  □ 3    
17-4    顧客のニーズ・期待を先取りし,魅力ある新製品・新技術開発に効果が得られている。  □ 4    
17-5    顧客満足度が顕著に向上し,その結果,市場/売上げが拡大し,経営に大きく寄与している。  □ 5    

Q18.内部監査により,標準を遵守する,効果的・効率的なシステムができていますか?          

18-1 8.2.2 ― システム・標準の遵守状況のチェックの必要性を認識している。  □ 1    
18-2 内部監査  遵守状況のチェックのための内部監査の導入や診断組織を設置し実施している。  □ 2    
18-3   監査・診断による適切な指摘を行い,システム面から原因を特定して是正処置を行っている  □ 3    
18-4   監査・診断から使い易く守り易い標準の提案・工夫により標準作業の徹底に寄与している。  □ 4    
18-5   監査・診断の仕組みのPDCAが確実に回り,業務の効率化に大きく寄与している。  □ 5    

Q19.プロセスの監視・測定により,工程及び業務の改善に効果を得ていますか?          

19-1 8.2.3 "標準化と日常管理" 製品の適合性の保証のための業務・プロセスを明確にし,文書化している。  □ 1    
19-2 プロセスの監視及び測定  業務・プロセスの実施状況を評価する測定指標,監視項目を明確にしている。  □ 2    
19-3   監視・測定の結果から是正処置を行い,業務及びシステムの改善につなげている。  □ 3    
19-4   全部門で“品質を工程で作りこむ”考えが徹底し,その管理が日常的に実施されている。  □ 4    
19-5   プロセスと製品の相関関係の解析・改善され,製品不良の発生がほとんどない。  □ 5    
          
          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフ
チェック"     
の要求レベル      
活動の進捗 評 価 点    
         
Q20.製品の監視・測定及びその不適合処置により,品質の維持に効果を得ています
か?
          

20-1 8.2.4 "標準化と日常管理" 製品の合否判定基準を明確にし,それを計画書に明記している。  □ 1    
20-2 製品の監視及び測定  合否を判定するための試験・検査を実施し,記録している。  □ 2    
20-3   検査結果,プロセスの監視結果などから不適合製品の修正処置を確実にしている。  □ 3    
20-4   不適合製品の定義を見直し,業務・プロセスの不具合を顕在化し,再発防止につなげている。  □ 4
    
20-5   業務ミス,ムダの顕在化が進み,業務の質・効率の向上につなげている。  □ 5    

Q21.市場クレームを顕在化し,その低減活動と標準化により顕著な効果を得ていますか?          

21-1 8.3 品質情報の収集・分析・活用 顧客の申し入れに応じて,クレーム,不適合製品を処置している。  □ 1    
21-2 "不適合製品の管理"  不適合製品,クレームを全社的に顕在化し,品質改善の重要性を認識して取り組んでいる。  □ 2    
21-3   不適合製品,クレームに対し原因を明確にして,再発防止に取り組んでいる。  □ 3    
21-4   低減活動を計画的,組織的に行い,同種不適合,クレームの再発防止が確実にできている。  □ 4    
21-5   活動が確実に定着し,その結果が有効な標準改訂につながり,クレームが激減している。  □ 5    

Q22. 改善に必要なデータを明確にし,収集・分析の結果を品質改善に活用していますか?          

22-1 8.4 QC手法の活用 QMSに必要なデータを明確にし,収集分析している。  □ 1    
22-2 データ分析  データの分析結果からQMSの有効性に関する情報を提供している。  □ 2
    
22-3   データ分析にQC手法を活用し,問題点を抽出して改善活動を実施している。  □ 3    
22-4   ばらつきの概念が身につき,QC七つ道具が自然に使われ,改善活動に効果を得ている。  □ 4    
22-5   統計的方法,その他のQC手法が広く普及し,問題の解析,処理が迅速に効果的に行われている。  □ 5    

Q23.商品(製品・サービス)品質の改善を効果的に実施していますか?          

23-1 8.5.1 改善活動 現状の品質不良を把握し,低減の必要性を認識している。  □ 1    
23-2 継続的改善  品質不良の低減,品質向上に取り組んでいる。  □ 2
    
23-3  "小集団活動の
展開" 品質不良を顕在化し,各部門各職場において改善テーマを明確に設定して活動を実施している。  □ 3    
23-4   小集団活動を含め改善活動を計画的,組織的,継続的に行い,改善効果を着実に積上げている。  □ 4    
23-5   活動の結果が標準化され確実に再発防止が図られ,改善の効果が経営に寄与している。  □ 5    
          
          
設問 "ISO 9001
関連要求事項" "TQM奨励賞
評価項目" 設問内容/TQMの期待レベル ISO "セルフ
チェック"     
の要求レベル      
活動の進捗 評 価 点    
         
          
Q24.品質不良の再発防止活動が日常的に行われ,不良が大幅に低減できていますか?          

24-1 8.5.2 改善活動 製品・サービスの不良低減の意識が浸透している。  □ 1    
24-2 是正処置  品質不良の再発防止を規定した手順書を定め是正処置を行っている。  □ 2    
24-3   製品・サービスの質だけではなく,業務プロセスの不具合を検出している。  □ 3    
24-4   製品不良,業務不具合の両面で,データ分析によりシステムの改善を行っている。  □ 4    
24-5   再発防止が日常管理で定着し,技術力向上や品質・業務の不具合が顕著に減少している。  □ 5    

Q25.未然防止活動に取り組み,類似原因による不適合を防止できていますか?          

25-1 8.5.3 改善活動 品質不良の未然防止の重要性を認識している。  □ 1    
25-2 予防処置  未然防止の規定を文書化し,予防処置を行っている。  □ 2
    
25-3   有効な予防対策が実施され,品質の向上に直接的効果をもたらしている。  □ 3    
25-4   FMEAなど科学的な予測手法を活用し,効果的な予防対策を実施している。  □ 4    
25-5   未然防止対策が技術標準に織り込まれ,技術力が確実に向上している。  □ 5    
          
TQM活動の診断表          
評 価 総合点 "経営体質の
イメージ" TQM活動の状態 対処方法・道しるべ      
レベル          

1 25点未満 無経営体質 “経営”の認識が低く,方針・理念が不明確で成り行き任せの経営。企業組織の形態をなしていない状態。 経営理念・経営方針を明確にし,経営責任を表明する。組織・責任を明確にする      
  (混沌期)        
2 25以上50未満 業績低迷体質 方針・計画の必要性を認識し明確にしてはいるが,実行が伴わず計画倒れで,目標未達が続いている状態。 ISOのようなマネジメントシステムを導入し,経営基盤をつくりはじめる。      
  (黎明期)        
3 50以上75未満 無損益体質 ISOなどマネジメントシステムの重要性を理解し,構築して実行している。システムが一応できたもののそれが一部のシステムであり,まだ経営上の効果的運用まではいたっていない,経営収支トントンの状態。 TQMを導入し企業体質の強化に取り組む。その成果により日本品質奨励賞に挑戦する。      
  (展開期)        
4 75以上100未満 業績伸長体質 一部のシステムだけではなく総合的なマネジメントシステムの必要性を実感し,その構築により経営的効果を得ることができるようになった状態。 TQM活動を強化し総合的システムにより経営的効果を上げる。その効果によりデミング賞に挑戦する。      
  (飛躍期)        
5 100点以上 拡大展開体質 総合的なマネジメントシステムが確立され,そのシステムの見直し改善を活性化し,顕著な経営的効果を得ている。他社のベンチマークの対象になる状態。 TQM活動を自社流に特化し顕著な経営的効果を得る。その効果により日本品質管理賞に挑戦する。      
  (達成期)